サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 17日

ヒシミラクルの有馬記念1週前追い切りの好時計は額面通りには受け取れられない?

FurlongBlogさんがヒシミラクルの1週前追い切りは物凄いのか?にてなかなか鋭いツッコミを入れられております。
簡単に言うと今週の坂路の馬場状態はいつもに比べて高速馬場であるため、
ヒシミラクルの今週の追い切りの53秒台はは全盛時の53秒台と比べて
果たしていかがなものか?という感じのものです。

うん、確かに(笑)
ここの今週の坂路タイム・坂路ベスト20を見てもらっても分かる通り上位は軒並み好時計が連発。
FurlongBlogさんのエントリによると、この日と同じような馬場状態であった宝塚記念の2週前では
ヒシミラクルは52秒0でまとめていることから、15日の53秒4という時計は
全盛時と比べると確かに物足りなさが残るかもしれません。
馬場差というものを考慮せず好時計が出たことだけではしゃいでしまい、
この前のようなエントリを出してしまったのは少し軽率だったかも。

とは言っても状態が良化していることだけは確かです。
これまでは2歳新馬にすら先着することもできなかったのに
17日の動きでは5馬身先行した2歳新馬と併せて1馬身先着してみせています。
それに、今回の調教は角田騎手ではなく調教助手の方が乗ったということで若干時計がかかったということもあるんじゃないかと。
今年の天皇賞(秋)の前に角田騎手が「年を取って調教で動かなくなってきた」と言っていたのも影響しているかもしれません。

まぁ、それはさておき最終追いきりの22日に今度こその好時計を出してくれれば更に期待値は上がってきます。
レースと同じぐらい期待しながらその日を待ちましょう。
[PR]

by roycejp | 2004-12-17 22:53 | 調教


<< 12月18日(土) 中央競馬 ...      12月17日(金) 地方競馬 ... >>