サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 10日

雑記

1989年の桜花賞馬シャダイカグラが死亡
大外18番枠と伊藤雄二厩舎で武豊騎乗のエアメサイアは買っておかないといけない。

■桜花賞予想
1.アドマイヤメガミ
札幌の新馬戦圧勝、阪神のチューリップ賞2着から洋芝適正あり。前走はまともなスタートを切りながら後ろに下げるロスあり。
今回はもっと前で競馬するとのことなので中団から内枠を生かしたロスのない競馬が出来れば面白い。

2.ペニーホイッスル
前走のアネモネSは中山の馬場でインを付く競馬。恵まれた感がだいぶあり。
2着も外を回ったマイネコンテッサでは評価は出来ない。ただ、同じような競馬が出来る2番枠は好材料。

3.エリモファイナル
京都芝は3戦3連対。それに対し阪神は500万下の3着が最高。阪神はあまり合わない。

4.マイネコンテッサ
前走は大外を回るだいぶロスのある競馬。それでもアンブロワーズに負けなかったのは一応評価。ただ、それまでが負けすぎ。

5.ジョウノビクトリア
前走のクイーンCは不良馬場の中、後方から外を追い込んでの2着。
勝ったライラプスが最内を通ったことを考えれば同じくらい評価して良い。
京成杯でも男馬相手にコンマ5秒差の5着。このレースの最大の惑星。

6.ダンツクインビー
チューリップ賞は後方にいた馬がごちゃつく不利で恵まれての3着。勝ち馬とも離され過ぎでここでは力不足。

7.シーザリオ
フラワーCはスローで内を抜けてきただけの競馬だったにしても抜けてくるときの脚は見所があった。
前走の若竹賞でもアドマイヤフジ、ダンスインザモアを退けており能力は本物。
ただ、桜花賞では得てしてこういう長い距離を勝ってきた馬が沈む傾向があるのがどうか。
乗り替わりもいくら吉田稔といえどもG1ではあまり歓迎しない。

8.エイシンテンダー
前走のチューリップ賞は圧勝といえど最内を通ったコース利がだいぶ。
後方でごちゃつく幸運もあったし、今回はこれまでほど楽な競馬にならないはず。直前追い切りがやたら軽いのも気になる。

9.デアリングハート
しぶとい末脚が身上のこの馬はエリモファイナルとは違ってこちらは阪神の方が向いている口。
昨年の阪神JFは外々を回る展開でありながらコンマ3秒差に頑張る内容でこの枠でスムーズに行けたら怖い。
現在絶不調のデムーロだが、外人騎手はG1になると目の色が変わるだけに注意。

10.テイエムチュラサン
3ヶ月ぶりだし、力量も不足。注目はどのくらいのペースで後続を引っ張るか。

11.ライラプス
クイーンCは相手が弱かった上に最内を付くロスのない競馬。ただ、不良馬場でも頑張った根性は認めたい。
阪神はデビュー戦の快勝と外を回らされた阪神JFだけ。母親がこのレース2着しているように阪神マイルの適性はありそう。

12.カシマフラワー
ベストは1200.この距離では参加するだけ。

13.フェリシア
いくらなんでも今年初戦がこの相手では厳しい。

14.アンブロワーズ
阪神JFでは早め先頭の強引な競馬でも2着を死守。
ただ、アネモネSの追ってジワジワとしか伸びない内容を見るとあのくらいの積極策が必要かも。
そういう意味では四位騎手が1度実戦を乗れたのは大きい。
叩いての替わり身もあるし、関西輸送も経験済み。もう少し枠が内なら文句はなかったのだが……。

15.エアメサイア
安定性はあるもののあまり強い競馬をした記憶がない。前走のフィリーズレビューは先行馬が止まる厳しいペースだったし、
あそこまで粘ったことを一応評価はするもののどうもワンパンチ欠ける印象が。母親同様2着3着付けで。

16.モンローブロンド
ファンタジーS2着を考えれば人気ほどバカにはできない。前走のフィリーズレビューもそんなには負けてないし入着ぐらいなら。

17.ラインクラフト
阪神JFはアンブロワーズ同様中身のある競馬。フィリーズレビュー同様展開が向けば
マイルでも全く問題はなさそうだが、今回は前に有利な流れになりそうで取りこぼしがありそう。

18.ショウナンパントル
阪神JFはうまく内側で脚を溜めて直線馬群の真ん中を抜ける絶妙な競馬。ただ、中身は2、3着馬の方があった。
今回は大外枠でコース取りの利も得られそうにないし、後は外を回して勝ちきるだけの能力があるかどうかだけ。
前走の大敗は斤量と馬場と体調の3重苦で度外視していい。

結論
◎デアリングハート
○ショウナンパントル
▲アドマイヤメガミ
★ジョウノビクトリア
△エアメサイア
△ペニーホイッスル
△ラインクラフト
△アンブロワーズ
△ライラプス
△シーザリオ

印つけすぎだよバカ、という声もあるかもしれませんがエアメサイアとの馬連でも45倍あるので
デアリングハートが来れば元は取れるでしょう。
結局、阪神JFでずっと外を回らされていたのに5着に粘ったあのレースが忘れられませんでした。使い詰めで来ているけど調教で結構追っているみたいなので疲れは心配しなくても良いはず。あとはデムーロが上手く馬場の良いところを導いてあげれば。
多分、そろそろ結果見せないとヤバイからかなり本気になってくると思うのですよ、デムーロが。
ショウナンパントルはあまりにも人気がなさすぎるので逆に買いたくなった。
アドマイヤメガミは中団馬群でスムーズに競馬できたらあっさり勝たれてもおかしくないかと。
後はノリが上手く乗ったときのジョウノビクトリアとインでうまく立ち回ったときのペニーホイッスルですかね。
人気どころはどれも来てもおかしくないし、来なくてもおかしくないと言ったところですか。
こういうレースは穴馬券を小額買って楽しむのが吉だと思いますが。

■エイプリルS予想
◎カナハラドラゴン
○キーボランチ
▲スズノマーチ
△カンファーベスト
△ヤマノブリザード
マカイビーディーヴァは一応それなりに人気を集めそうですが、
そんなに集中して人気を集めるわけでもないのでカモネギというところまではいかないか?
とりあえずオープン大将のカナハラドラゴンから準OP勝ったキーボランチと
最近イン付きのうまくなった北村宏のスズノマーチあたりへ流せばいけるかなと。
後は地力のあるカンファーベストと障害効果でパワーアップしてたら怖いヤマノブリザードで。

■武豊TV
バラエティ番組としては面白いけど、競馬の予想の参考にはあまり立ちませんね。
レース回顧ではそれっぽいことも言ってたけど、あれぐらいならちょっと知識のある評論家にだってできる。
もっとホントに乗ってる人でないと分からないことを聞きたかったのに。結局、武豊の自慢と言い訳番組になりそう。
まぁ、それでも今までこの分野で面白い番組がなかっただけに競馬バラエティとしては抜けた存在なのは確かなんだけど。
[PR]

by roycejp | 2005-04-10 01:04 | 管理者の戯言


<< 4月10日(日) 地方競馬 産...      4月10日(日) 中央競馬 産... >>