サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 08日

桜花賞の本命馬をなぜか無印にしている管理人のページはここです

■NHKマイルCの感想
脳内レース展開では行こうとするビッグプラネット、コスモフォーチュンのハナを叩いて
ディープサマーが逃げて1000m通過58秒というあたりを予想していたのですが、
思ったよりもビッグプラネットやディープサマーが色気を見せて競馬をしてしまった為にあまりペースが上がらず、
自分の本命であるペールギュントの良さが出ないレースになってしまいましたとさ。
あんだけスローだと馬群もばらけないし後方から行く馬、特に内枠で器用さがない馬にはちょっと不利な展開になりますねぇ……。
まぁ、今回は桜花賞馬でもあるラインクラフトが強い競馬をしたということもあり
天皇賞の後のような脱力感は湧き上がってこなかったです。
むしろ、また一つ新たな歴史が作られたなと少し嬉しかったところもあったり。
差し馬を買っていた人やビッグプラネットやディープサマーに逃げて欲しかった人には
消化不良のレースになったのかもしれませんけど。

■新潟2歳Sの出走馬があれから更に凄いことになっている件について
1着 マイネルレコルト 新潟2歳S
2着 ショウナンパントル 阪神JF
3着 スムースバリトン 東京スポーツ杯2歳S
4着 フェリシア フェアリーS
5着 アイルラヴァゲイン マーガレットS
6着 インティライミ 京都新聞杯
ということでアイルラヴァゲイン以外は全て重賞勝ちを果たしました。
とはいってもアイルだってまともならクリスタルCは勝てていた競馬だったんですがね。

■今年はエイシンの3歳馬の勝ちあがり率が凄い
牡馬
エイシンヴァイデン 3勝 野路菊S
エイシンニーザン 3勝 プリンシパルS
エイシンニュートン 2勝 端午S2着
エイシンサリヴァン 2勝
エイシンアスワン 2勝
エイシンロンバード 2勝
エイシンラージヒル 2勝
エイシンイーデン 2勝
エイシンインパール 1勝
エイシンハッピー 1勝
エイシンボストン 1勝
エイシンアバロン 1勝
エイシンドーバー 1勝
エイシンレーシング 1勝
エイシンカントー 1勝
エイシンリトルオー 1勝
エイシンサクラオー 1勝

牝馬
エイシンテンダー 3勝 チューリップ賞
エイシンサンバレー 2勝 マリーゴールド賞2着
エイシンラブソング 1勝
エイシンホリデイ 1勝
エイシンルンナ 1勝

なんと22頭で35勝の好成績!
今年のエイシンで現3歳世代の馬の数はこれまで登録されているだけで43頭だから勝ち上がり率は51%。
2頭に1頭は勝ち上がっている計算に。
まぁ、良い血統の馬が多いということもありますが、それでもエイシンワシントンやエイシンサンディといった
渋い血統の馬でも走っている仔もいるし、これは誇っていい結果なんじゃないかと。
オーナーブリーダーの正しい見本のような結果でもあるし。
[PR]

by roycejp | 2005-05-08 21:20 | 管理者の戯言


<< 出走した馬の関係者コメント(5...      入退厩情報 >>