サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 27日

吉田稔騎手、天皇賞(秋)でもブルーイレヴンに乗ることは不可能に

毎日王冠から天皇賞(秋)に向かう予定のブルーイレヴンですが、その天皇賞(秋)当日に行われる特別指定競走(地方馬が出走できるレース)のくるみ賞の地方登録馬が発表されましたが、ここに東海ブロック所属の馬が登録していないことにより毎日王冠に続いて天皇賞(秋)でも吉田稔騎手の騎乗が不可能になってしまいました。

ブルーイレヴンの癖を完全に手の内に入れたと言っていい吉田稔騎手が乗れないこともそうですが、乗り難しいこの馬をG1の舞台でテン乗りにしてしまうのはかなり痛い。(毎日王冠で騎乗する四位騎手は天皇賞(秋)ではシルクフェイマスに騎乗するため騎乗不可能)

こうなると気になってくるのは、では天皇賞(秋)では一体誰が騎乗することになるのだろうかということですが、角居厩舎が今年どんな騎手を厩舎の馬に乗せているのか調べてみました。すると天皇賞(秋)で空いていそうなところで関東の騎手では後藤、大西、北村宏、菊沢隆、関西の騎手では福永、池添、武幸四郎、秋山、上村、岩崎あたりの名前があがってきました。(ハイアーゲームが菊花賞へ向かえば蛯名も)

この中からなら福永、池添あたりが空いていれば選ばれるんじゃないかと思っているんですが、大穴だとここ最近の調教で騎乗している上村が指名される可能性も。

なんにしろ吉田稔騎手が来れないのははっきりしているので、早急に騎乗者を決定して早めに調教で乗せるなり何なりしてこの馬の癖をつかんでいただきたいものです。
[PR]

by roycejp | 2004-09-27 23:03 | 近況・次走報


<< 9月28日(火) 地方競馬 産...      出走した馬の関係者コメント(9... >>