サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:近況・次走報( 85 )


2004年 09月 20日

レクレドール、ローズS優勝の記事

【スポニチ】新星誕生!レクレドール豪快差し~ローズS

【ニッカン】レクレドール大外一気/ローズS

【サンスポ】直線一気にレクレドール!春の実績馬一蹴

【デイリー】新星レクレドール競り勝つ

上記のサンスポの記事内にもありますが、現在の秋華賞出走状況。
●優先権所有馬
インゴット 北村宏
フェミニンガール 岡部
レクレドール 未定
グローリアスデイズ 柴原
スイープトウショウ 池添

●収得賞金上位馬
ダンスインザムード 武豊 8050万
ダイワエルシエーロ 福永 7250万
ヤマニンシュクル 四位 4200万
アズマサンダース 蛯名 3650万
メイショウオスカル 未定 3000万
ウイングレット 田中勝 2000万
ヤマニンアラバスタ 江田照 1600万
ドルチェリモーネ 未定 1350万

オークスのドルチェリモーネにアンカツが乗っていたことを考えると恐らくドルチェリモーネ陣営からもアンカツに依頼が行っているものと思われますが、アンカツが返事を保留していれば多分レクレドールの方に乗ってくれるはず。既に依頼引き受け済みだとちょっとややこしいことになりそう。ドルチェリモーネの松田博調教師が気を利かせて譲ってくれたりしないかしら?
[PR]

by roycejp | 2004-09-20 17:24 | 近況・次走報
2004年 09月 19日

レクレドール、前売りは4番人気

レクレドール、血が騒ぐ!! ローズS

レクレドールは開花の秋

500万下を勝ったばかりで4番人気というのはちょっと売れすぎかなという気もしますが、
血統が血統だけにやむをえないでしょう。前走の勝ち方も派手でしたし。

正直、ダイワエルシエーロ、スイープトウショウ、アズマサンダースの3強の壁を崩すのは
容易じゃないと思いますが、なんとか善戦して欲しいところです。
[PR]

by roycejp | 2004-09-19 00:10 | 近況・次走報
2004年 09月 17日

ヒシミラクル、年内はジャパンカップ一本に絞って調整

ヒシミラクル、ジャパンCに直行?
右前繋靭帯炎による長期放牧から先月26日に栗東TCに帰厩し、昨年の京都大賞典(2着)以来の復帰が間近となっているヒシミラクル(栗・佐山、牡5)は、ジャパンC(11月28日、東京、GI、芝2400メートル)一本に照準を絞って調整されていくことになりそうだ。順調な回復ぶりから京都大賞典(10月10日、京都、GII、芝2400メートル)での早期復帰も可能との声もあったが、16日の追い切りは坂路4ハロン58秒9-43秒0-14秒0と平凡だった。「馬は走りたくてウズウズしているが、ここまで回復してきたのだから基礎鍛練にもう少し時間をかけたい。斤量のこともあるし、年内はジャパンCだけになるんじゃないかな」と、島調教助手は今年のレースがジャパンC一本だけになる可能性を匂わせた。


昨日も書いたとおりこの馬に関しては焦ることなくゆっくり調整していって欲しいですね。
ただ、ジャパンCがフルゲートに達した時は賞金の関係から除外が確実なのでちょっと怖い。
まぁ、その時は別に有馬記念でもいいかなぁとは思っているんですが。
あの一戦だけで中山不向きだとは決め付けるのもあれですし。
[PR]

by roycejp | 2004-09-17 22:07 | 近況・次走報
2004年 09月 16日

その他の馬の動向について

ジャングルバスは19日の中山10R江戸川特別に岡部騎手で出走予定。
ここ2戦は新潟の左回りに苦戦していましたが、右回りに変わってどんな走りを見せてくれるか。
岡部騎手は中山得意の騎手だけに期待できそうです。

今週の積丹特別(札幌、芝2600m)に登録のあったミヤビグレートは同レースを回避。
障害路線で走るのか再び平場に戻るのかは不明ですが、
一度500万下で上位に来たことを考えると今週の積丹特別は出走しても面白かったかも。

ヨシサイバーダインは15-15の調教をこなして現在調整中。

小倉の不知火特別で2着したアイルビーバックもレース後は順調。
近々、またレースに出てくるのはないかと思われます。
[PR]

by roycejp | 2004-09-16 21:05 | 近況・次走報
2004年 09月 16日

ブルーイレヴン、毎日王冠は四位騎手が騎乗することが決定

関屋記念を制したブルーイレヴンは17日に放牧先のグリーンウッドから帰厩。
秋初戦は毎日王冠(10月10日、東京、G2、芝1800m)が予定されているが、
ここ数戦で手綱を取る愛知の吉田稔騎手の参戦が不可能なため、四位騎手とコンビを組む。

(サンケイスポーツ 9月16日付)

ブルーイレヴンを完全に手の内に入れたと言ってもいい吉田稔騎手が乗れないのは痛い。
四位騎手もデビュー戦で乗っているとはいえ、あの頃とは別馬になってしまったこの馬を
うまく操ることが出来るかどうか。
おまけに四位騎手にはシルクフェイマスがいるため、
ここでいくらブルーイレヴンの感触を確かめることが出来たとしても本番での騎乗は不可能。
もし、吉田稔騎手が天皇賞(秋)でも乗れないなんてことになったらどうしよう……

ちなみに天皇賞(秋)の行われる10月31日にはくるみ賞(芝1400m)という
3歳500万下の特別指定競走がありますが、
さてはてこのレースに吉田稔騎手が騎乗できそうな馬は登録してくるのか。なんとも気になります。
[PR]

by roycejp | 2004-09-16 20:16 | 近況・次走報