サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:管理者の戯言( 59 )


2005年 04月 01日

4月バカ

行方不明になっていたシャーガーが発見
今年もまた見つかった。

美浦トレセン坂路コースに仰天プラン!?
下の説明文が風のシルフィード級の電波で笑った。

芝レース全廃へ~JRAがようやく決断
これに伴いアフリート、フォーティナイナー、アジュディケーティングの種付け料が軒並み高騰したとかしないとか。

ライブドアが一口馬主クラブの買収に成功
どうせならJRAを買い取って欲しかった。

柴田善臣騎手 夏にフランス遠征
なんせワールドスーパージョッキーだし、向こうでも間違いなく活躍するね。

コスモバルクが武豊騎手鞍上で天皇賞へ
これは普通に明日、新聞の記事に出てても驚かないな(笑)

【大阪杯】ホリエモン、天皇賞へ向けて視界良し
そこは「『産経大阪杯』を取った勢いで産経グループにも殴り込みをかける」ぐらい書いて欲しかった。

Milkyhorse.comが見つかりません

個人的には岩手競馬か高知競馬あたりにサイトのTOPに
「今年度をもちまして競馬場が廃止になります」という自虐的なブラックジョークを試みて欲しかったけど、
さすがにそれだとファンや競馬関係者が引きまくるか、
もしくは信じてしまう恐れがあるからやっぱり何もしなくて結構です。
[PR]

by roycejp | 2005-04-01 21:38 | 管理者の戯言
2005年 03月 31日

雑記

マカイビーディーヴァがエイプリルS→天皇賞を選んだ理由

アジュディミツオー通信、ドバイワールドカップレース写真など
アジュディミツオーとのドバイ遠征で思ったこと

桜花賞でのシーザリオに吉田稔
>クセのある馬では無いのでテン乗りでも問題ない、ということで吉田稔騎手起用ということでしょう。
>おそらくまたオークスは地方騎手もしくは外国人ジョッキーになると思われます。


アドマイヤグルーヴ、大阪杯では大幅な馬体増で登場?
>体重は先週の測定では鞍付きで500キロ。鞍を5キロとしても495キロ。
>前走464キロからの大幅増は避けられない。

これ太めじゃなくて単に馬体に身が入っただけだったとしたら
母エアグルーヴ並の本格化ということもありうるんじゃないですかね?
もしここを57キロで圧勝するようならホントに香港行ってもらいたい。

メガスターダム、大阪杯では思い切って逃げることも
スロー確定のメンツだしいいんじゃないですかね。

ニホンピロサート、61キロでもコーラルS出走へ
平地で60キロ超えて出てきた馬って久しぶりに見たな。
2001年の関屋記念でダイワテキサスが61キロ背負って以来かな。
と思ったら、マンボツイストが去年BSN賞で61キロ背負ってた。
しかも、マンボツイストはその前の年に欅Sでも61キロ背負ってた。

レギュラメンバーの半弟アウトオブサイトは京都新聞杯へ
この牝系はカネツフルーヴとかレギュラーメンバーもそうだけど、
最初ダートで勝ち上がって芝へ挑戦してボロ負けしてまたダート路線に戻っていくっていう
パターンを繰り返してるから、この馬も同じ道を辿りそう。

キングカメハメハの半妹レースパイロットは蛯名騎手鞍上でミモザ賞へ
今年の3歳牝馬路線は混戦模様だからここら辺でガツンと強い勝ち方をしてくれるような馬が一頭出てきて欲しいところ。
[PR]

by roycejp | 2005-03-31 22:41 | 管理者の戯言
2005年 03月 30日

雑記

淡々とサッカーボーイ関係の話題を出しているだけなのも面白くないので、
本ページで取るに足らなかった話題についてこっちでちょっと触れておくことにします。

■毎日杯2着のコスモオースティン、青葉賞へ(from デイリー馬三郎)
皐月賞の枠1頭空きました。

アンカツウォッチャー・亀谷氏が見た「安藤勝己」
まぁ、記事の内容はどうでもいいんですが(酷ぇ)、サンスポに「亀谷敬正」の名前が載っていた事に驚いた。
昔はダビスタの攻略記事なんかを書いていた人だったんですがねぇ。
ダビスタの漫画版の原作をやっていたことなんかは黒歴史なんでしょうか。
あ、ちなみに記事中にも出ているアンカツ本はアマゾンの中古で200円で手に入れられます。(←そんな紹介の仕方あるかよ)

■シーザリオの騎手が1週間前になってもいまだに未定
厩舎や空いている騎手の関係からアンカツだとばかり思っていたけれど、
今週発売のGallopによると名古屋の吉田稔に騎乗依頼しているとか。
確認してみたら確かに桜花賞当日は6Rに愛知のヤングジャパンが遠征してきていて
吉田稔が騎乗することになっていた。これは盲点。
アンカツはディアデラノビアがフローラSでオークスの権利取っちゃうと、
またそこでゴチャゴチャしちゃうからあんまり騎乗依頼しない方向で進めてるのかも。

豪の女傑、マカイビーディーヴァが到着!
あらゆる方面で盛り上がってきているオーストラリア最強牝馬マカイビーディーヴァですが、
一般のファンの人にこの馬の凄さがどの程度浸透しているのか図りかねない。
正直、昨年のラクティ事件や近年のジャパンC見るに
「また、名前だけ売れてて走らない馬がやってきやがった。カモネギだ、カモネギ」と思われているような気がする。
というか、これを書いている自分がそう思っている。
いや、別に馬鹿にしているわけではないし、この馬の凄さというのは重々承知しているつもりなんだけど(アバウトに)、
日本でどこまで走るかはやってみなければ分からないわけで、この馬が人気になろうものなら
喜んでこの馬を外して馬券を買わせていただく所存なのでございますが、ってなぜ丁寧語ですか、僕は。
基本的に自分の外国馬の買う買わないのポイントは馬場適性以上に「人気になってなければ買い」のスタンスなので、
そういう意味ではマカイビーディーヴァも騒がなければ買い、騒がれれば捨てという基本方針は変わらないつもり。
[PR]

by roycejp | 2005-03-30 23:05 | 管理者の戯言
2005年 01月 31日

日曜東京3Rの3歳未勝利戦の裁定に日刊ゲンダイが異議あり

今日の日刊ゲンダイから以下引用。

●日曜3Rの審議→降着なしにちょっと待った
日曜の東京3R3歳未勝利戦のパトロールフィルムはさながら野球やサッカーなどで起きるウェーブ現象だった。
1番ゴールドザボーガー(武豊騎乗)がスタート直後に外側へ大きく斜行したため、
3、4、5、7、9、10、12、14、16番の9頭が次々に被害を受けたのだ。
もちろん審議ランプは点灯した。その結果は到達順位の通り確定--。
レース後、武豊は「芝とダートの切れ目に驚いて外へ逃げた」と状況を説明。
武豊は5万円の過怠金を科され、馬には調教再審査が命じられた。
だが、被害の状況を見ると、"過怠金で終わり"の裁定にはちょっと首をかしげたくなる。
従来は2日間と6日間の2種類しかなかった騎乗停止期間を、今年から"4日間"を設けて細分化したばかり。
今回はその最も軽い「馬の癖による」2日間の騎乗停止のケースではなかったか。
いずれにしても過怠金か騎乗停止か、その線引きの基準を知りたい。


ということで、競馬の事に関してだけはあまり文句を言わない日刊ゲンダイが昨日の疑惑裁定に異議を唱えました。
何があったかは開門ダッシュ研究室さんのこちらの記事をご覧下さい。
それにしても日刊ゲンダイ、肝心なところだけは言わずに記事を終わらせました。
本当はこう書きたかったはずです。

「武豊だけを特別待遇させる裁定には呆れざるを得ない」

いつもスポーツや政治のことに関してはどんな相手でもケチョンケチョンのゲンダイですが、
取材対象である競馬関係者に対してだけは弱腰になってしまうところが物悲しくあります。
武豊が怖くてこのことを記事にすら出来ない他のマスコミはそれ以下ですが。

まぁ、それは置いておいてこの審議、やはりどう考えても裁定が甘すぎます。
これが過怠金で済むならオークスのノースサンデーもフェブラリーSのレギュラーメンバーなどもみんな過怠金で終わりです。
横山典弘も松永幹夫も2日間騎乗停止処分を受けてるわけだから
今回の武豊も2日間騎乗停止処分を受けるべきだったと思います。
[PR]

by roycejp | 2005-01-31 21:45 | 管理者の戯言
2004年 12月 21日

なんでカウンタックは商品名なのに馬名審査が通るのか

12月12日に中山の未勝利戦を勝ったカウンタックという馬。
知らない人はいないと思いますが「カウンタック」といえばイタリアのランボルギーニ社の作ったスーパーカー。
もちろん車の名称であるがゆえ商品名なわけなのですが、JRAの馬名審査には商品として宣伝効果のあるような名前は
馬につけることが出来ないという厳しい規定があります。
しかし、実際はこのようにして「カウンタック」という馬が存在して普通にJRAで走ることが出来てしまっているのです。
この馬が走り出した頃なぜ大丈夫なんだろうか、知らないうちに審査が緩くなったのだろうか?と悩んでいたのですが、
今日、カウンタックを生産した千代田牧場のサイトでこの馬の近況欄を見てその謎が解けました。

千代田牧場、カウンタック近況欄
青山オーナーから馬名についてお話を伺いました。
カウンタックは現在生産されておらず、商品名としてないため、馬名として使用できたとのことです。
柴田J、ご理解いただけましたでしょうか?


なんとカウンタックは現在生産してないので商品名としては認められないとのことでした。
柴田善臣が同じことを考えていたことにも驚きましたが、生産されていなければ
元は商品名であったとしても大丈夫なものなんですね。ウーン、、、意外だ。

サッカーボーイ産駒とは全く関係ない馬なんですけど、面白い話だったので取り上げてみました。
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 20:05 | 管理者の戯言
2004年 12月 19日

競馬中継を取るか、野球中継を取るか

来季巨人戦、日曜のドームでデーゲームも

結構前に出たこの話題。当初見たときは「あー、そう」というぐらいにしか気に留めていかなかったのですが、
17日付の日刊ゲンダイの記事を見て実はこの記事が競馬に関係してくるものだということに気づかされました。

●競馬にぶっちぎられるデーゲーム巨人戦
来年、巨人は主催ゲームを土、日にデーゲームで6試合、他球団も数試合組むことがほぼ決まっている。
そこで今、放送関係者の間で関心の的になっているのが巨人戦の扱いだ。
中でも読売グループの「ラジオ日本」はヤクルト戦を除いた巨人戦をジャイアンツナイターとして完全中継している。
ところが土、日は朝9時半から夕方4時半まで「競馬中継」を放送しているのだ。
看板番組がモロにぶつかることになる。
読売グループのラジオ局が巨人戦を中継しないなんてことになれば、ゆゆしき事態。
ラジオ日本の編成局に問い合わせると「土、日に巨人戦と競馬中継がぶつかった場合、
どちらを放送するかはまだ決定していません」という返事。(以下略)


以降の記事は日刊ゲンダイらしく名前を出さないラジオ局関係者が
「今の人気のない巨人戦を流すより競馬中継を放送した方がメリットがあるし、
恐らく競馬中継を優先するんじゃないか」というコメントを出して終わっていますが、
確実なソースもなく、まだ確定したわけではないのでそこらへんはカットしました。
とりあえずは、来年のラジオ放送の番組スケジュール決定までの動きが気になるところではあります。

まぁ、競馬オヤジの側に立って発言すると野球中継なんて他の局でもやってるんだから
ラジオ日本でしかやってない競馬中継を優先させてくれよと、という感じではあるのですが……
[PR]

by roycejp | 2004-12-19 00:10 | 管理者の戯言
2004年 09月 23日

SS産駒に強いサッカーボーイ産駒

“SSキラー”サッカーボーイ産駒Sジーン期待

サンデーサイレンスの子供にサッカーボーイ産駒が強いというよりかは、サンデーサイレンスの苦手な上がりのかかる競馬、つまりはある程度ゆるみのないペースで流れたときの持久力勝負にサッカーボーイ産駒が強いという言い方のほうが正しいでしょうね。

だからタップダンスシチーのような速いペースで先行してくれるような人気馬が出るようなレースだとサッカーボーイの子供が活躍する確率が高くなるような気がします。実際、ヒシミラクルが勝った宝塚記念やブルーイレヴンが2着した金鯱賞ではタップダンスシチーが早めに先頭に立つような競馬をしていますし。

ちなみにブルーイレヴンの出る毎日王冠にはローエングリンの他にもマイソールサウンド、シェルゲーム、メジロマントルなどが出走を予定しており、サッカーボーイ産駒向きの競馬になってくれそうです。
[PR]

by roycejp | 2004-09-23 00:28 | 管理者の戯言
2004年 09月 20日

9月20日の中央競馬に出走するサッカーボーイ関連の産駒はいません

産駒もブルードメア産駒も一頭もいません。
おとなしく昨日のレクレドールの勝利の余韻に浸ることにします。
[PR]

by roycejp | 2004-09-20 01:12 | 管理者の戯言
2004年 09月 16日

サッカーボーイブログ開設

初めまして。今日からこのページでサッカーボーイ産駒に関連するニュースを
つらつらと書き綴っていくことになりました。
なにぶん文才がないものでお見苦しい点があることかと思われますが、なにとぞご容赦下さい。
[PR]

by roycejp | 2004-09-16 20:03 | 管理者の戯言