サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 09月 ( 64 )   > この月の画像一覧


2004年 09月 29日

調教動向(9月29)

ヒシミラクル 栗東 坂路 重 助手 脚色一杯
58.4-42.5-27.9-14.0

ブルーイレヴン 栗東 芝 不良 上村 脚色馬也
内デルタブルース馬也を6Fで2秒追走3F併せで併入
78.9-65.0-49.9-36.5-12.2

ヨシサイバーダイン 南W良 助手 脚色ゴール前強め
67.9-53.0-39.0-13.7


ブルーイレヴンの毎日王冠1週前追いきりは不良馬場にしては上々のタイム。
[PR]

by roycejp | 2004-09-29 23:04 | 調教
2004年 09月 29日

9月29日(水) 地方競馬 産駒レース成績表

旭川2R 2歳未勝利 ダ1000m 良
ディーズパッション 牝2 53 渋谷裕 12着 12人 12頭立て

園田8R C62 3歳以上 ダ1400m 不良
ヘッドハンター 牡4 56 田中学 4着 5人 11頭立て

[PR]

by roycejp | 2004-09-29 22:29 | レース成績
2004年 09月 29日

天皇賞(秋)に参戦するツルマルボーイの鞍上が蛯名正義騎手に決定

ツルマルボーイは昨年と同様、ぶっつけで秋の盾へ向かうが、安藤がキングカメハメハに騎乗するため蛯名と新コンビを結成することが決まった。宝塚記念後は放牧に出されており、「30日には栗東へ戻ってくる」と橋口師。
(iモード馬三郎より)

てっきり横山典に戻すものかと思っていましたが……あの乗り方じゃあ2着は取れても勝つことはできないということに橋口調教師が気づいてしまったみたいです。まぁ、天皇賞(秋)では誰が乗ってもキングカメハメハを逆転するのは難しいかなぁ。
[PR]

by roycejp | 2004-09-29 22:23 | 近況・次走報
2004年 09月 29日

スーパージーン、この後は放牧に出され年内は休養へ

スーパージーン、年内は休養へ
オールカマーで2着のスーパージーン(栗・坂口大、牡6)は天皇賞・秋に向かわず年内は休養する見込み。「よく走った。(不安のある)脚元は心配ないが、近々、放牧に出し来年に備えたい」と坂口則調教師。

4月にオーストラリアTで復帰してからここまで6戦。休みなく使われてきているのでここらで放牧に出そうという考えはいいのだけれど、有馬記念まで回避するのはもったいなくありませんか?天皇賞(秋)やジャパンカップは敵も強いしってことで分かるんですけど……何よりもこの馬が一番ベストパフォーマンスを見せられる中山の2500mを使わないというのはちょっと納得いかないところです。
[PR]

by roycejp | 2004-09-29 22:15 | 近況・次走報
2004年 09月 28日

ツルマルガールの仔ツルマルファイターがシリウスSに登録

シリウスステークス(G3) サラ系3歳以上 1400m ダート・右 (混)(指) オープン ハンデ

登録頭数: 18頭
アグネスウイング ( 54.0)
アドマイヤジャック( 53.0)
アドマイヤホープ ( 51.0)
アドマイヤマックス( 58.0)
インタータイヨウ ( 57.5)
エコルプレイス  ( 57.0)
サイレンスボーイ ( 57.0)
セトノシェーバー ( 48.0)
タイギャラント  ( 54.0)
ツルマルファイター( 55.0)
テンケイ     ( 54.0)
ニューベリー   ( 55.0)
バンブーユベントス( 56.0)
プリンシパルリバー( 54.0)
マンボツイスト  ( 57.0)
ミヤビリージェント( 51.0)
ユートピア    ( 57.5)
ワンダフルデイズ ( 55.0)

今年に入ってから今ひとつなツルマルファイターですが、阪神ダート1400mは1-4-1-2と相性のいいコース。一つ歯車がかみ合えば勝ちきれるレースばかりなだけにどうにか角田騎手に頑張っていただきたい。
[PR]

by roycejp | 2004-09-28 23:01 | 近況・次走報
2004年 09月 28日

レクレドールの秋華賞の鞍上が小牧太騎手に決定

★秋華賞トライアルのローズSを制したレクレドールは、騎乗停止処分を受けた安藤勝に代わり、本番では小牧太が騎乗することになった。「乗りやすい馬だし、不安はない。すでに快諾済み」と池江郎師。
(iモード馬三郎より)

ひとまずいい騎手が空いていて助かりました。あまりG1でのテン乗りは歓迎されませんが、乗り替わるのが小牧太騎手なら最低限のマイナスですみそうです。ちなみに小牧太騎手は妹のプリンセスゴールドにも乗っているので姉妹丼ということになりますね(←下品)。
[PR]

by roycejp | 2004-09-28 22:53 | 近況・次走報
2004年 09月 28日

グリーンチャンネル栄光の名馬たちにティコティコタックが登場

栄光の名馬たち ティコティコタック 10月12日(火) 10:00~11:00

ティコティコタックは北海道の1000万下条件戦からしか見ていないのでこれで補完できます。

グリーンチャンネル関係でもう一つ。
レーシングネットスペシャル
Gate J.『「馬上の伝説」~岡部幸雄トークショー』放送について


河内洋騎手と岡部幸雄騎手のトークが聞けると言うことで見れるかたはぜひ見てみて下さい。
[PR]

by roycejp | 2004-09-28 22:41 | メディア
2004年 09月 28日

9月28日(火) 地方競馬 産駒レース成績表

旭川1R 2歳未勝利 ダ1000m 稍重
ビックカーレッジ 騙2 54 佐々明 6着 10人 11頭立て

旭川1R 2歳未勝利 ダ1000m 稍重
セイザンバーキン 牝2 53 坂下秀 3着 6人 11頭立て

旭川6R アタックチャレンジ2歳 ダ1500m 稍重
ラドランヴァリュー 牡2 54 千葉津 3着 1人 12頭立て

旭川7R D2 -2組 ダ1500m 稍重
ヤマノタイショウ 牡7 56 藤倉寛 12着 10人 12頭立て

旭川8R D2 -1組 ダ1000m 稍重
アンプラグド 牡5 56 櫻井拓 7着 2人 12頭立て

笠松1R サラ系2歳2組2歳2 ダ1400m 重
フジノナイスボーイ 牡2 54 柴山雄 1着 1人 10頭立て

笠松2R サラ系C15組C15 ダ1400m 重
キンセイソルジャー 牡4 53 △目迫大 6着 6人 8頭立て

笠松7R サラ系C12組選抜(ロ)C12 選抜(ロ) ダ1400m 稍重
タカノハエース 牡4 55 和田高 6着 7人 9頭立て

園田1R F2 2歳 ダ1400m 不良
ドゥルガー 牝2 53 岩田康 11着 3人 11頭立て

園田8R C51 3歳以上 ダ1400m 重
フミノサンセイ 牝4 54 青山裕 5着 3人 11頭立て


笠松で2歳馬のフジノナイスボーイが初勝利。旭川6Rのアタックチャレンジ2歳はJRA認定競走だったので勝てばJRA参戦も考えられたのですが、惜しくも3着。
[PR]

by roycejp | 2004-09-28 19:08 | レース成績
2004年 09月 27日

吉田稔騎手、天皇賞(秋)でもブルーイレヴンに乗ることは不可能に

毎日王冠から天皇賞(秋)に向かう予定のブルーイレヴンですが、その天皇賞(秋)当日に行われる特別指定競走(地方馬が出走できるレース)のくるみ賞の地方登録馬が発表されましたが、ここに東海ブロック所属の馬が登録していないことにより毎日王冠に続いて天皇賞(秋)でも吉田稔騎手の騎乗が不可能になってしまいました。

ブルーイレヴンの癖を完全に手の内に入れたと言っていい吉田稔騎手が乗れないこともそうですが、乗り難しいこの馬をG1の舞台でテン乗りにしてしまうのはかなり痛い。(毎日王冠で騎乗する四位騎手は天皇賞(秋)ではシルクフェイマスに騎乗するため騎乗不可能)

こうなると気になってくるのは、では天皇賞(秋)では一体誰が騎乗することになるのだろうかということですが、角居厩舎が今年どんな騎手を厩舎の馬に乗せているのか調べてみました。すると天皇賞(秋)で空いていそうなところで関東の騎手では後藤、大西、北村宏、菊沢隆、関西の騎手では福永、池添、武幸四郎、秋山、上村、岩崎あたりの名前があがってきました。(ハイアーゲームが菊花賞へ向かえば蛯名も)

この中からなら福永、池添あたりが空いていれば選ばれるんじゃないかと思っているんですが、大穴だとここ最近の調教で騎乗している上村が指名される可能性も。

なんにしろ吉田稔騎手が来れないのははっきりしているので、早急に騎乗者を決定して早めに調教で乗せるなり何なりしてこの馬の癖をつかんでいただきたいものです。
[PR]

by roycejp | 2004-09-27 23:03 | 近況・次走報
2004年 09月 27日

出走した馬の関係者コメント(9月25日~9月26日)

ウィズアウィル(吉田隼騎手)
「スタートのいい馬なので前には行けると思いました。すぐにハミを抜いたりして気の悪い面はありますが、よく我慢しています。チークピーシーズの効果もありましたね」

パートタイムラバー(中館騎手)
「テンに行くと甘くなる印象があったので、前半は急がせずにじっくり乗りました。道中から手ごたえよく上がっていけたので一瞬勝てるかなと思ったんですけどね。こういう競馬が合っていそうです」

スマイルコンテスト(後藤騎手)
「初めてのダートはさほど問題なかったが、行き切れるほどのスピードはないし、ちょっと器用さに欠けている。内容的には悪くないんだけどね」

ビジネスサイクル(柴田未騎手)
「テンに行けないし、置かれ気味の追走でしたが、しまいは確実に伸びてくれるんです。小柄だけど、よく頑張ってくれました」
[PR]

by roycejp | 2004-09-27 22:27 | 近況・次走報