サッカーボーイブログ

soccerboy.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 74 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 22日

12月22日(水) 地方競馬 産駒レース成績表

川崎1R 3歳11 ハ ダ1400 良 ショウグン 牡3 55 山田信 4着 5人 11頭立て
[PR]

by roycejp | 2004-12-22 23:25 | 地方競馬
2004年 12月 21日

ワンモアマイラインとコスモレジスタが放牧へ

・ ワンモアマイラインは12月15日から放牧へ
・ コスモレジスタは12月14日から放牧へ

2頭とも叩きつつ調子を上げていくタイプだからまだ上昇中のところで放牧へ出すのは何かもったいない気が……。
厩舎の回転率やら何やら色々あるんでしょうけど。
まぁ、馬体が緩まないうちに帰ってきて欲しいものです。
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 21:31 | 近況・次走報
2004年 12月 21日

今日のヒシミラクルさん

デイリー馬三郎より
●1年1ヶ月の休養を経た天皇賞・秋は16着と大敗したが、続くJCは見せ場十分の9着。
「JCはとにかくこの馬のレースをしようとテンから仕掛けていった。
最後は止まったが、だいぶ行けるようになったからね。少しずつ良くなっている」と角田が振り返る。
調教と実戦が結びつく馬。天皇賞ではデビュー前の新馬に遅れたが、
1週前の15日は坂路で53秒4-12秒8の好時計をマーク。状態さえ戻れば、G1・3勝の実績が黙っていない。
「外に出して押して押して上がっていくタイプ。スタートしてすぐコーナーの中山2500メートルで内枠を引くと、
ペースが落ち着いて外に出せない危険性がある。3歳の有馬がそうだった。
外枠、それも大外でいい」と勝利のカギに枠順を挙げた。
復活は、有馬記念の最重要キーワード。淀みない流れで豪快なマクリが決まるか。

サンスポ 【有馬記念】ヒシミラクル、そろそろ・・
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 21:20 | 近況・次走報
2004年 12月 21日

明日のサッカーボーイの追い切りはラスト1ハロンに注目

現代ヒシミラクル論(from ChameLeon

ChameLeonさんのなかなか興味深いエントリ。
2002年の有馬記念の時は全体時計は優秀だったんですけど、最後の1ハロンで失速してしまったんですよね。
巷ではヒシミラクルに中山の適性がないからあんなボロ負けするんだという話が出ていますが、
自分はあれは菊花賞の後に体を緩ませたために戦闘態勢に入っていなかったと見ています。
今回、状態がまともならあんな直線でだらしないミラクルの姿はなかったはず。
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 20:27 | 調教
2004年 12月 21日

なんでカウンタックは商品名なのに馬名審査が通るのか

12月12日に中山の未勝利戦を勝ったカウンタックという馬。
知らない人はいないと思いますが「カウンタック」といえばイタリアのランボルギーニ社の作ったスーパーカー。
もちろん車の名称であるがゆえ商品名なわけなのですが、JRAの馬名審査には商品として宣伝効果のあるような名前は
馬につけることが出来ないという厳しい規定があります。
しかし、実際はこのようにして「カウンタック」という馬が存在して普通にJRAで走ることが出来てしまっているのです。
この馬が走り出した頃なぜ大丈夫なんだろうか、知らないうちに審査が緩くなったのだろうか?と悩んでいたのですが、
今日、カウンタックを生産した千代田牧場のサイトでこの馬の近況欄を見てその謎が解けました。

千代田牧場、カウンタック近況欄
青山オーナーから馬名についてお話を伺いました。
カウンタックは現在生産されておらず、商品名としてないため、馬名として使用できたとのことです。
柴田J、ご理解いただけましたでしょうか?


なんとカウンタックは現在生産してないので商品名としては認められないとのことでした。
柴田善臣が同じことを考えていたことにも驚きましたが、生産されていなければ
元は商品名であったとしても大丈夫なものなんですね。ウーン、、、意外だ。

サッカーボーイ産駒とは全く関係ない馬なんですけど、面白い話だったので取り上げてみました。
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 20:05 | 管理者の戯言
2004年 12月 21日

12月21日(火) 地方競馬 産駒レース成績表

川崎1R 2歳12 ハ ダ1400 良 マサイブキ 牝2 53 山野勝 7着 5人 10頭立て
金沢7R B23 ダ1500 不良 センジュクイーン 牝3 53 平瀬城 3着 1人 10頭立て
名古屋9R セレブ賞C12 牝馬 ゴールドヨイコ 牝4 54 吉本隆 4着 3人 10頭立て
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 15:41 | 地方競馬
2004年 12月 21日

出走した馬の関係者コメント(12月18日~12月19日)

ヒカルゼット(安藤騎手)
「腰が緩い感じがしたので直線は無理しなかった。返し馬ではいい感じだったんだけど、
道中は一度もハミを取ることなく終わってしまったね」

アイルビーバック(武豊騎手)
「前走で好走した反動があったみたい。フットワークが前走のものとは違っていたから」

テイエムサッカー(太宰騎手)
「ペースが上がったところでモタれてしまいました。ただ、それにしてはよく粘っているし、
昇級初戦ということを考えればよく走っています。クラスに慣れてくればもっとやれますよ」
[PR]

by roycejp | 2004-12-21 15:14 | レース後談話
2004年 12月 20日

12月20日(月) 地方競馬 産駒レース成績表

金沢4R C16 ダ1400 重 ポインセチア 牝5 53 鬼束亮 2着 2人 9頭立て
名古屋1R サラC20組C20 ダ1400 良 セイザンバーキン 牝2 52 竹下太 3着 5人 10頭立て
名古屋7R サラC17組C17 牝馬 ダ1400 良 ラビータビバーチェ 牝3 54 竹下太 4着 4人 10頭立て
名古屋8R サラ系B4組B4 ダ1400 良 プリンセスイズム 牝4 53 竹下太 3着 4人 10頭立て
[PR]

by roycejp | 2004-12-20 21:16 | 地方競馬
2004年 12月 20日

放馬するほど元気の有余るヒシミラクル

19日に15-15を乗っていたヒシミラクルですが、実はこれ放馬してカラ馬になった状態で出した時計らしいです。
以下、20日のサンスポの有馬記念ドキュメントより引用。

栗東ではいきなりアクシデント。開門からしばらく経った午前3時40分頃、
前夜に栗東入りしたばかりの越智が、眠い目をこすりながら坂路モニターをチェックしていると、
スタート時点で芦毛馬が騎乗者を振り落として暴れている。
暗闇ではっきり確認できなかったが、芦毛ということで、「まさかヒシミラクルでは?」と嫌な予感。
馬はついに手綱を振りほどいて登坂を開始。モニターには思った通りの馬名が表示されていた。
カラ馬となったG1・3勝馬は、気分良さそうにゴールまで駆け抜けて、4ハロン55秒6-42秒0-14秒6を計時。
これは一大事と、記者勢が坂路のゴール地点にある控え室に急行すると、そこには島調教助手の姿が…。
幸い、馬はすぐに捕まった様子で島助手も落ち着いている。
「もともときょうは15-15をやる予定だったからね。カラ馬でこの時計なら問題ないんじゃない。
馬も最後はセーブしていたしね」とノープロブレムの様子だ。
しかも、「普段は大人しいけど、元気がいいときはああいうことがあるんだ。バネが違うし、並の馬じゃないから、
前はオレも何度も振り落とされたよ。菊花賞の前にもそんな感じがあったし、ヤル気が出てきて、イキのいい証拠。
馬は衰えてないんだよ」と今回の放馬を前向きに捉えている。
確かに、休み明けを使われながら、競馬内容も調教内容も上向いている。
終わってみれば、この放馬が完全復活のサインだったということも?


放馬しても予定通りの調教を行うとはさすがヒシミラクル(笑)
早く走りたくてウズウズしている状態なのでしょうか。
あまり放馬というのは好きじゃないですが、1年以上休養していた馬に活気があるのはとてもいいことだと思います。
[PR]

by roycejp | 2004-12-20 07:56 | 近況・次走報
2004年 12月 19日

調教動向(12月17日~19日)

12月19日

ヒシミラクル 栗東 坂路 脚色馬也
55.6-42.0-28.7-14.6

ジャングルバス 北C 良 助手 脚色一杯
70.0-54.5-39.8-12.4

12月18日

フジローレル 北C 良 助手 脚色一杯
68.4-53.0-38.9-12.4

12月17日

グランドパルファン 栗東 坂路 良 助手 脚色馬也
62.7-44.9-29.8-15.0
[PR]

by roycejp | 2004-12-19 19:57 | 調教